飛んで火に入る夏の蟲

Archive: 2019年12月  1/1

凩(こがらし)

凩や狂女の棲める離れ蔵こがらしや きやうぢよのすめる はなれれぐら○12月つれあいが小袋にお菓子を詰めてはリボンを結んでいる。「何しょん?」と聞いたら、「クリスマスの季節やけん、宅配便を配達してくれる人に1つずつプレゼントするんよ」。いつも何やかやと思いついては、キリキリ動き回っている人だ。...

  • -
  • -

時雨(しぐれ)

薄墨に濁れる寺や大時雨うすずみに にごれるてらや おほしぐれ...

  • -
  • -

時雨(二)

無蓋貨車しぐれの闇を曳かれをりむがいくわしや しぐれのやみを ひかれをり...

  • -
  • -

時雨(三)

しぐるるや尻向けあひて鴉二羽しぐるるや しりむけあひて からすには...

  • -
  • -

時雨(四)

しぐるるや二階の窓にカフカの目しぐるるや にかいのまどに カフカのめ○ああ、ずーっと時雨の句を作っていたいにゃー。。。。。...

  • -
  • -

時雨(五)

しぐれゆくもののひとつとなりにけり○時雨の句はこれで終わります。...

  • -
  • -

冬紅葉

巨巌の聴きゐる瀑や冬紅葉おほいはの ききゐるばくや ふゆもみぢ...

  • -
  • -

冬の暮

病廊へ寒暮をつれて配膳車びやうらうへ かんぼをつれて はいぜんしや...

  • -
  • -

寒さ

寒いかと聞けばいいえと半ずぼんさむいかときけば いいえとはんずぼん...

  • -
  • -

寒さ(二)

屈葬のかたちで眠る寒さかなくつさうの かたちでねむる さむさかな...

  • -
  • -

冷たし

底冷えを抜きては畳みエアドールそこびえを ぬきてはたたみ エアドール(空気人形)○高木元輝の忌日ジャズのサキソフォン奏者、高木元輝の祥月命日です。―― 僕が真実を口にすると ほとんど全世界を凍らせるだらうといふ妄想によつて ぼくは廃人であるさうだ (吉本隆明「廃人の歌」1952年)高木元輝は、言葉ではなく、音によって世界を凍らせようとしました。つまり、本当の表現者でした。    ●過去記事  → 寒さ    ●...

  • -
  • -

おでん

獅子鼻のをんなと訣れおでん酒ししばなのをんなと わかれ おでんざけ...

  • -
  • -

おでん(二)

うはばみのをんなと酌みておでん酒うはばみ(蟒蛇)の をんなとくみて おでんざけ...

  • -
  • -

雑炊

韮雑炊馬齢の愚痴の吹きこぼるにらざふすい ばれいのぐちの ふきこぼる...

  • -
  • -

雑炊(二)

背嚢のずしりと重きまま雑炊はいなうの ずしりとおもきまま ざふすい...

  • -
  • -

白鳥

白鳥の番ひの並むる孤影かなはくてうの つがひのなむる こえいかな...

  • -
  • -

枯蓮(かれはす)

池心まで水鏡して蓮の骨ちしんまで みづかがみして はすのほね...

  • -
  • -

枯蓮(二)

蓮枯れて水上水下ゲルニカにはすかれて すいじやうすいげ ゲルニカに○近松忌浄瑠璃作者、近松門左衛門の忌日です。享保9年11月22日没。享年72。今日は陰暦の11月22日です。私は若い頃、近松の浄瑠璃にのめり込んだことがあります。ーー下のコマ絵をご覧ください。薄給の上に酒飲みでしたから、新刊書が買えず、古書ばかりを漁っていました。w文楽は、人形遣いの吉田簑助と故吉田玉男による『曽根崎心中』をTVで観たことがあります...

  • -
  • -

息白し

荒海に酒息白き漢かなあらうみに さかいきしろき をとこかな...

  • -
  • -

屏風

金屏に薄日を入れて蟲小窓きんびやうに うすびをいれて むしこまど...

  • -
  • -

屏風(二)

僧坊や屏風に其角芭蕉の句そうばうや びやうぶに きかくばせうのく○会話女「これって、金田一耕助が登場する例の探偵小説のパクリね」私「いや、あの、その、それはですね。。。。。」...

  • -
  • -

冬至

排泄の母抱へをり冬至の日はいせつの ははかかへをり とうじのひ...

  • -
  • -

師走

静子来て茉莉と諍ふ師走かなしづこきて まりといさかふ しはすかな...

  • -
  • -

クリスマス・イヴ

聖菓そつと水子地蔵に供へけりせいくわそつと みづこぢざうに そなへけり○クリスマス・イヴ「神光を晝(ひる)と名(なづ)け暗(やみ)を夜と名(なづ)けたまへり夕あり朝ありき是首(これはじめ)の日なり」(『文語訳聖書』「創世記」第1章第5節)聖書を読んで最初に不思議に思うのは、1日が「夕あり朝ありき」であって「朝あり夕ありき」ではないことなんですよね。なんと、実はユダヤ暦では、1日は日没から始まって次の日没...

  • -
  • -

冬の蠅

蓬髪のイエスの額や冬の蠅ほうはつの イエスのぬかや ふゆのはへ○私なりにイエスを賛美した句です。あ、それと、エルサレムにも冬はあります。...

  • -
  • -

年の暮

叔母の棲む病室暗し年の暮をばのすむ びやうしつくらし としのくれ...

  • -
  • -

年の暮(二)

わが肉のさらに透きゆく歳暮かなわがししの さらにすきゆく せいぼかな...

  • -
  • -

初雪

初雪や豚頭茹でてラーメン屋はつゆきや とんとうゆでて ラーメンや...

  • -
  • -

行年

行年や煙脂に黄ばむ指二本ゆくとしや えんしにきばむ ゆびにほん○10年前の私はヘビースモーカーでした。あの頃は右の人差し指と中指が煙草のヤニで真っ黄色だった。。。。。その指2本、いまは実に綺麗です。...

  • -
  • -

年の瀬

年の瀬にぽかりと浮ぶ昭和かなとしのせに ぽかりとうかぶ せうわかな...

  • -
  • -

除夜

客一人奏者一人ぞ除夜のジャズきやくひとり そうしやひとりぞ ぢよやのジャズ○来年もよろしくお願いいたします。そして、いいお年を。...

  • -
  • -