飛んで火に入る夏の蟲

Archive: 2018年07月  1/1

蠅(二)

身悶えもならず蠅取紙に溶くるみもだえもならず はへとりしにとくる三日三晩吹き荒れた熱風(まぜ?)も止み、とても爽やかな朝です。いま『銀河鉄道の夜』を読んでいます。 → 宮澤賢治作詞作曲「星めぐりの歌」...

  • -
  • -

汽罐車のけぶりの抜くる茂かなきくわんしやの けぶりのぬくる しげりかな小学生のとき、叔父が『宮沢賢治童話集』という本を私に与えた。私にとっては大迷惑である。その前の『トルストイ童話集』で懲りている。叔父は、まず「銀河鉄道の夜」を読めと私に命じた。しかし、この童話、子どもにとってはナンチャ面白くない話だ。すぐに挫折した。そもそも私は童話なるものが好かんかった。童話はマンガじゃないからね。叔父はほとんど...

  • -
  • -

夏木立

バスクラをフリュートに代へ夏木立バスクラを フリュートにかへ なつこだち...

  • -
  • -

緑蔭

サクラコを憎めるリカも来て緑蔭サクラコをにくめる リカもきて りよくいん...

  • -
  • -

青葉

青葉てふ虚空のマグマ落ちて来しあをばてふ こくうのマグマ おちてこし...

  • -
  • -

青葉(二)

フリュートに紫紺の線の青葉かなフリュートに しこんのせんの あをばかな...

  • -
  • -

夏の蝶

紅殻の格子を抜けて黒揚羽べにがらの かうしをぬけて くろあげはどしゃ降りで、窓の外は真っ暗です。...

  • -
  • -

身を巻きて天日に酔へる蝮かなみをまきて てんぴによへる まむしかな雨が止んだ。空の色が少し明るくなった。県内南予及び高知県西部ではいまだに豪雨が続いている。それを思うと胸が痛む。...

  • -
  • -

青簾

恋おほき叔母なりしかば青すだれこひおほき をばなりしかば あをすだれ朝から、ヘリコプターが何機も大洲市の方向へ飛んで行く。...

  • -
  • -

夏足袋

夏足袋をしうしう鳴らし無言なりなつたびを しうしうならし むごんなり...

  • -
  • -

業平忌

美男の苦労如何ばかりかと業平忌びなんのくらう いかばかりかと なりひらき○陰暦5月28日の今日は在原業平の命日です。○今日、初蟬を聴きました。○伝言帖の開設遅きに失した感がありますが、「伝言帖」を開設しました。ブログ冒頭の「カテゴリ」から「伝言帖」に入ると1つだけ記事があります。それが伝言帖です。wそこのコメント欄にご伝言ください。火蛾はこれまでSNS的交流を一切避けて、外部からのコメントを完全ブロックしてい...

  • -
  • -

夏藤の房に縺れて蛇雌雄なつふぢの ふさにもつれて へびしゆう○盗作ハイク次は、亡父が小学生のとき、夏休みの宿題として提出したハイクである。蚊に困る蚊もまた困るウチワかな担任に見せたら、「うーむ。人間の気持と蚊の気持(?)の両方を的確に捉えている....。お前は天才だ!」と絶賛したそうである。父はこの句が大の自慢で、先生から褒められた話を、機会あるごとに誰彼なしに話した。私も小学生のときは健全(文学とは無...

  • -
  • -

蛇(二)

申し訳ないけどあたし蛇なんよまうしわけないけど あたし へびなんよ...

  • -
  • -

夏暖簾

濁声に嬌声応へ夏暖簾だくせいに けうせいこたへ なつのれん...

  • -
  • -

七月

七月や少女の首の空気栓しちぐわつや せうぢよのくびの くうきせん...

  • -
  • -

日傘

妻退院パラソルしやつと開きたりつまたいゐん パラソル しやつとひらきたり...

  • -
  • -

夕立

やねやねにゆだちのしぶくすがしさよ○レディ・ディとトレインの命日今日7月17日は、ジャズ界の2つの巨星、ビリー・ホリデイ(Billie Holiday 1959没) とジョン・コルトレーン(John Coltrane 1967没)の祥月命日。ここではコルトレーンの演奏を。と言っても、延々とサキソフォンを吹きまくる人なので5分以内の動画がなかなか見つからない。やっと見つけたのがこれ。動画はかなり分断されている。死のちょうど1年前の演奏。 → Joh...

  • -
  • -

初蟬

寺町や初蟬にして蟬しぐれ○暑い私が子どもの頃は、気温が30度を超える日はひと夏に1回か2回だった。お盆を過ぎると身体が冷えるので泳ぎは禁止。地球温暖化の進行は、もう取り返しのつかない段階に来ているようだ。...

  • -
  • -

虹とメールす いいことあるよねと返事...

  • -
  • -

風鈴

風鈴やつめたき尻を持つをんな○今日は、土用の丑の日。「念ずれば花開く」というが、今年もウナギにはありつけないようだ。年々貧乏。年中貧乏。○万引き家族劇場で上映されているうちにと思って、昨日、『万引き家族』を観てきた。是枝裕和監督は、これまで『誰も知らない』(2004)、『歩いても 歩いても』(2008)、『空気人形』(2009)という傑作3本を撮っている。しかし、それ以降はいま一つで、日本アカデミー賞最優秀作品賞...

  • -
  • -

夏の雲

うつくしく夏雲拒絶してをりぬ...

  • -
  • -

雲の峰

月を吐きなほ赫奕の雲の峰つきをはき なほくわくやくの くものみね○暑い(再び)歳時記では、8月を初秋、9月を仲秋としている。だが、ここ10数年の体感季節は、9月が終わっても夏が続くのである。そして、ほんの少しだけ秋らしい日が訪れ、たちまち長い冬に入る。昨年から今年にかけての冬は特段に寒かったが、TVの気象予報士の話によれば、この寒さも地球温暖化の影響によるものらしい。自然災害に詳しい友人からのメールによると...

  • -
  • -

梅雨明

籠りゐて開かぬ窓や梅雨あがり...

  • -
  • -

冷奴

受難曲了へ基督は冷奴じゆなんきよくをへ キリストはひややつこ○マタイ受難曲カール・リヒター指揮の『マタイ受難曲』、いまはCD(LPも持ってるよ)ではなくYouTubeで聴く。それまではCDを聴きながら、歌詞対訳のドイツ語と日本語を見比べて何とか意味を理解していた。それは、お坊さんの誦経を聞きながら漢訳経典を黙読するようなもので、ときどきどこを歌っているのかわからなくなる。しかも、その作業は3時間を超える。かなりの...

  • -
  • -

月の瀧わきのぼりつつ落ちにけり○笹ヶ峰コマ絵の右の方のボロボロの『富士に立つ影』は古書店「坊ちゃん書房」で購入したもの。全6巻揃いで1,000円だった。その最終巻の巻末に、達筆な字で「昭和九年弐月廿八日 笹ヶ峰山造林事業所ニテ讀了ス」と書かれている。笹ヶ峰は四国石鎚山脈に属する山で標高1,859m。この造林事業所が笹ヶ峰のどのへんにあったのか知らないが、メモを記した人はそこで働いていたのだ。そして仕事の合間合...

  • -
  • -

夜店

なまぐさき少女の湧ける夜市かな...

  • -
  • -

ラムネ

ラムネ玉ラムネより青一つ濃き...

  • -
  • -

焼酎

指の血をひとつぶ垂らし芋焼酎...

  • -
  • -

昼寝

尼ごぜの剃り青々と三尺寝あまごぜ(尼御前)の そりあをあをと さんじやくね○本日より、地の文章を「ですます体」に統一します。○三尺寝「三尺寝」は、weblio辞書の「大工・左官など職人の昼寝のこと」の意味ではなく、平井照敏編『新歳時記(夏)』(河出文庫)の「日影が三尺移るぐらいをねむる」の意味で使っています。山口青邨の「釣魚大全枕にしたり三尺寝」と同じ用い方です。...

  • -
  • -

昼寝(二)

無防備のをんなや薄目して昼寝○台風心配していた台風12号。わが街においては特に何事もなく、通り過ぎて行きました。皆さま方は大丈夫でしたか?...

  • -
  • -

炎天

ぐわらぐわらと頭蓋を鳴らし炎天へぐわらぐわら(がらがら)と づがいをならし えんてんへ...

  • -
  • -