飛んで火に入る夏の蟲

Archive: 2018年04月  1/1

紫雲英(げんげ)

げんげ野を乳の海にして夕あかねげんげのを ちのうみにして ゆふあかね備忘録聴。 1954 - Chet Baker『Chet Baker Sings』物憂い、気怠い、春の夜にぴったりの音楽。→ Chet Baker - My Funny Valentine「My Funny Valentine」女性歌手ではこの方がいちばん。火蛾は子どものころから、大人の女性の「かすれ声」が大好きでした。→ Lee Wiley - My Funny Valentine (1954)...

  • -
  • -

おん顔にゑまひのほのか花の通夜おんかほに ゑまひ(笑まひ)のほのか はなのつや...

  • -
  • -

花(二)

花冷てふミュートをつけてトランペットはなびえてふ ミュートをつけて トランペット...

  • -
  • -

花(三)

ちるはなの憑きてははなれ緋毛氈ちるはなの つきてははなれ ひもうせん...

  • -
  • -

花(四)

海峡の彼岸此岸の桜かなかいけふの ひがんしがんの さくらかな...

  • -
  • -

花(五)

アルバムにセピアの少女花ふぶくアルバムに セピアのせうぢよ はなふぶく備忘録聴。 1970.03.17 - 宮沢昭 - 木曽宮沢昭(ts,fl) 佐藤允彦(p) 荒川康男(b) 森山威男(ds)。本来であればドラムは富樫雅彦だったはずだが、この録音の2か月前に下半身不随となっている。代わり(?)に山下洋輔トリオの森山威男が参加。これが凄いの何のって。...

  • -
  • -

花(六)

吹き込める花磔刑の像に舞ふふきこめるはな たくけいのざうにまふ夜中に目が覚めて眠れないときは、スマホでYouTubeの動画を30分程度観ることにしている。いまは世界名作劇場の『赤毛のアン』(1979年)がお気に入りで、昨日の午前2時頃にはその第8話を観た。それから気持ちよく二度寝をした。朝、高畑勲氏の死を知った。→ 赤毛のアン【Anne of Green Gables】全50話...

  • -
  • -

花祭

おしやまして稚児のべべ着て花祭オシャマして ちごのべべきて はなまつり今日はお釈迦様の誕生日。彼は生まれたとたん、右手で天を指し、左手で地を指して「天上天下唯我独尊」と唱えたとか。。。。。。。右上げて左上げない甘茶仏みぎあげて ひだりあげない あまちやぶつ...

  • -
  • -

竜天に登る

龍天に昇る夕べや豆腐ラッパりゆうてんに のぼるゆふべや とうふラッパ昨日は、土佐の最御崎寺(24番札所)、津照寺(25番)、金剛頂寺(26番)、神峯寺(27番)に参詣しました。室戸岬は「肌寒い初夏」と言った感じで、全山新緑、八重桜と山躑躅の祭典です。しかし、それよりも太平洋の美しさに圧倒されました。高知県にはこれまで何度も足を運んでいるのですが、いつも決まって雨か曇りか雪で、灰色の海しか知りませんでした。晴...

  • -
  • -

霾(つちふる)

霾やけふも元気におどろおどろつちふるや けふもげんきに おどろおどろこの4月5日に、セシル・テイラー(Cecil Taylor)が89歳で没したことを知った。私の一番好きなジャズピアニスト。もう、この世にいないのだ。    ●こちら → Cecil Taylor - Jazz Ost-West Festival 1984 (fragm.)...

  • -
  • -

鰆(さはら)

漁師談 鰆穫る舟は止めねばならんぞなさはらとる ふねはとめねば ならんぞな同 魬穫る舟は止めたらいけんぞなはまちとる ふねはとめたら いけんぞな...

  • -
  • -

麗か

うららかや鴉声に混じる濃紫うららかや あせいにまじる こむらさき備忘録。観。1974 - 田中登『(秘)色情めす市場』(DVD)。芹明香様。―― うちな、なんや逆らいたいんや。→ (秘)色情めす市場...

  • -
  • -

長閑

をとこしの長閑をなごしの長閑かなをとこし(男衆)ののどか をなごし(女衆)ののどかかなネコの額ほどの庭に、牡丹が一輪だけ開きました。それを花瓶に挿しておいたら、数時間後には満開になっていました。...

  • -
  • -

花見

お花見や刺身を盛つて洗面器おはなみや さしみをもつて せんめんき...

  • -
  • -

春暁

春暁や夢の中だけ来るをんなしゆんげうや ゆめのなかだけ くるをんな...

  • -
  • -

風止むも吹上げられしまま柳かぜやむも ふきあげられしまま やなぎ股旅映画と仁侠映画。すべての日本人の最深部を流れる共通の心情は、この二つのジャンルでしか表現できないのではないか。備忘録。観。1968 - 山下耕作『緋牡丹博徒』(DVD)。藤純子。『緋牡丹博徒』シリーズは全部で8本ある。これはその第1作目。→ 『緋牡丹博徒』 山下耕作監督 藤純子、高倉健、若山富三郎、Japanese Yakuza Movie...

  • -
  • -

春昼

春昼のくわらりと割るる眩暈かなしゆんちうの くわらりとわるる めまひかな備忘録聴。 1970.10.23 - 藤圭子『歌いつがれて25年 藤圭子演歌を歌う』焼酎を粛々といただきながらこの名盤を拝聴した。YouTube様、ありがとうございます。→ 藤圭子♥ 歌いつがれて25年「藤圭子 演歌を歌う」...

  • -
  • -

鳥交る

鳥交る被さるはうはかろやかにとりさかる かぶさるはうは かろやかに...

  • -
  • -

春の宵

春宵やぞろりと背を這ふ鬼畜しゆんせうや ぞろりとせなを はふきちく...

  • -
  • -

春の海

青波に夕靄を溶かし春の海あをなみに ゆふもをとかし はるのうみ熊谷守一(クマガイモリカズ)の作品展が愛媛県立美術館で開催されているので、昨日、お城下へ行ってきました。この巨匠の作品を観るのは4年ぶりです。今回は展示数が多かったので全部観るのに3時間もかかりました。その後、お堀のツツジを肴にイッパイ。 ―― 先日は半開の桜でイッパイだった。。。。。サクラサクラと騒いでいたのが嘘のような晩春です。...

  • -
  • -

春の海(二)

航跡ののの字を書けり春の海かうせきの ののじをかけり はるのうみ...

  • -
  • -

亀鳴く

亀鳴くや鏡にぼくの仏頂面かめなくや かがみにぼくの ぶつちやうづら聴。 1958.02.19-02.21 - Billie Holiday『Lady In Satin』(CD)ビリー・ホリデイの『レディ・イン・サテン』は、彼女の死(1959年)の前年に録音された。レディ・デイはまだ42歳であったが、酒と麻薬によって身も心も(Body and Soul)ボロボロであり、声は老婆のそれである。これほど無惨で悲痛の極みにある歌声はないだろう。 ―― だが、私はそこにジャズの...

  • -
  • -

風光る

初恋の叔母は喜寿とや風光るはつこひの をばはきじゆとや かぜひかる昨日は、土佐の大日寺(28番札所)から雪蹊寺(33番)までの6か寺に参詣しました。生きている者のための寺、それが四国八十八ヶ所です。下のコマ絵がその証拠(29番 国分寺)。...

  • -
  • -

菜の花

黄泉路にも濃き菜の花のあらまほしよみぢにも こきなのはなの あらまほし...

  • -
  • -

青麦

お大師の鐘のかんかん麦青しおだいしの かねのかんかん むぎあをし...

  • -
  • -

少年の独り笑ひや蝶の昼せうねんの ひとりわらひや てふのひる備忘録聴。 1970.06.28 - 高柳昌行, 阿部薫『解体的交感』1970.07.09 - 高柳昌行, 阿部薫『集団投射 Mass Projection』1970.07.09 - 高柳昌行, 阿部薫『漸次投射 Gradually Projection』高柳昌行(g) 阿部薫(as,etc)。...

  • -
  • -

蝶(二)

黄蝶湧く眠れる妻の双耳よりきてふわく ねむれるつまの さふじより...

  • -
  • -

遍路

女遍路生死を賭くる目なりけりをんなへんろ しやうじをかくる めなりけり昼食でたまたま同席したお遍路さんの話。自分はいま八十七だが、十二年前に連れ合いを失った。そこで、供養のために毎日仏壇に「般若心経」を唱えることにした。そのことを菩提寺の住職に話したところ、 ―― 「般若心経」は有難いお経ですが、それを誦しても死者に伝わるかどうかは疑問です。本当に死者にまで伝わる力を持つお経は観音経(妙法蓮華経観世音菩...

  • -
  • -

春日傘

緋をつなぐ鳥居を春の日傘かなひをつなぐとりゐを はるのひがさかな...

  • -
  • -

躑躅

躑躅浄土すなはち躑躅地獄かなつつじじやうど すなはち つつじぢごくかな備忘録。聴。 1969 - Brigitte Fontaine『Comme a la radio』(CD)ブリジット・フォンテーヌのこのアルバムはLP時代からの愛聴盤である。バックバンドは何とアート・アンサンブル・オブ・シカゴ(Art Ensemble of Chicago)。フルアルバムはYouTubeでも視聴可能であるが、ここではタイトル曲の「ラジオのように」を。→ Brigitte Fontaine - Comme à la ...

  • -
  • -