eye

2017/12/08

枯蘆

20171205 (2)


枯蘆の透間を貫きて群雀

かれあしの すきまをぬきて むらすずめ


1941年12月8日は太平洋戦争の開戦日であり、「十二月八日」はその季語である。

そして1980年12月8日はジョン・レノン(John Lennon)が殺害された日である。
夏生一暁編著『日々の歳時記』(2015年 PHP文庫)では季語として「レノンズデー」「レノン忌」「イマジン忌」が紹介してあるが、何と安直な季語であることか。

ジョン・レノンが射殺された事件はラジオの速報で知った。だが、すぐに忘れてしまった。その夜、松山市で、トランペッターの近藤等則(こんどうとしのり)さんの即興演奏ライブが開催されたからである。
近藤さんともう一人の演奏者(白人 名前・楽器失念)は私のアパートに泊まることになっていたので、演奏会の終了後、タクシーを拾った。そのタクシーの中で私は事件のことを思い出した。近藤さんに伝えると、それまで饒舌だった彼がいきなり無言になった。押し黙ってしまったのである。一方の白人の方は半泣き状態だった。いや、本当に泣いていたのかも知れない。窓ガラスに頭をもたれさせて、ずっとジョン・レノンの曲を口ずさんでいた。私はと言えば、正直なところ、二人の反応に驚いていた。そう、私は、ジョン・レノン、あるいはビートルズとは無縁の人間だったから。アパートに着くまで、私たち三人はずっと口をきかなかったと思う。

ただそれだけの話である。変なことを思い出してしまった。